スポンサーリンク

50代やってはいけない髪型!若々しさをキープするには?

50代やってはいけない髪型!若々しさをキープするには? 雑学・有益情報
102 Views

50代になっても若々しい印象を与えたいと思うのは、誰しも同じですよね。しかし、間違った髪型を選んでしまうと、かえって老けた印象を与えてしまうこともあります。

そこで、今回は50代以上の方に向けて、やってはいけない髪型や、若く見える髪型についてお話しします。

スポンサーリンク

【若く見える髪型】

若々しい印象を与える髪型としては、ボブが挙げられます。特に、顎ラインよりも長めのセミロングボブは、顔の輪郭をぼかしてくれるので、年齢を感じさせません。また、前髪をカーブさせて重めにしたり、軽めにしたりすることで、より若々しい印象を与えることができます。

【若く見える髪型+くせ毛】

くせ毛の方でも、若々しい印象を与える髪型があります。それは、レイヤーを入れたショートボブです。レイヤーを入れることで、毛先が軽くなり、動きを出すことができます。また、前髪を流したり、アレンジしたりすることで、より若々しい印象を与えることができます。

【痛い髪型】

痛い髪型といえば、過剰なパーマや染色が挙げられます。50代以上の方は、髪の毛が細くなっている場合が多いため、これらの施術をすると、髪の傷みが進み、老けた印象を与えてしまうことがあります。適度なボリューム感やカラーを楽しむことは良いですが、過剰にならないように注意しましょう。

【老けない髪型】

老けない髪型としては、ストレートロングが挙げられます。ただし、真っ直ぐに伸ばすだけでは、単調で地味な印象を与えてしまうことがあるので、レイヤーを入れたり、前髪を長めにしたりすることで、より若々しい印象を与えることができます。

関連記事
ひじきまつげで美容も健康も叶えよう!

夏に似合う爽やかなぱっつんボブの作り方

ぱっつんボブが似合う人は?年代や顔型に合わせたスタイルの選び方とアレンジ方法

くせ毛だって似合う!自分にぴったりの髪型を見つけよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました