スポンサーリンク

メタバースとフルダイブと東大の研究

メタバースとフルダイブと東大の研究 MR(混合・複合現実)・SR(代替現実)・XR(クロスリアリティ)
339 Views

メタバースって知ってますか?

2020年ぐらいにこの言葉を見かけました。そして2021年、平成33年あたりから少しずつ注目されてきて。

興味深いですね、メタバース。

最近では国民的人気アニメの機動戦士ガンダムともプロジェクトが始動したり。今後の動向に目が離せませんね!

スポンサーリンク

メタバースとフルダイブ

メタバースとフルダイブと東大の研究
メタバースとフルダイブ
メタバースって何かしら?

と聞かれれば、フェイスブックの会社が社名を変更してまで取り組む一大事業とでも言いましょうか。

昔展開されていた仮想空間内でのサービス、セカンドライフの再臨というよりかは、まさに今の時代、そしてこれからの時代の新しいビジネスプロジェクト。

仮想空間内でアバター使ってぐりぐり動かせたりいろいろ楽しめそうなのがメタバース。

欲を言えばもっとグラフィックが進化してほしいかな。初期のプレステ2みたいにちょっとポリゴン的なグラフィックがかくかくしてるかも。

メタバースとカジノ業界

メタバースとオンラインカジノ業界
なんだかカジノ業界が気にしてるみたい。カジノといってもオンライン化したカジノなのでオンカジとか言われてるやつ。

最近流行りのオンラインカジノですわね。オンラインゲームみたいなあれ。

オンカジもメタバースと相性良いのかも。いつでもどこでも好きなタイミングでスマホやタブレットさえあれば楽しめそうですし。

メタバースとフルダイブに関したネットの声

フルダイブと東大。そしてデジタルツイン

フルダイブと東大。そしてデジタルツイン
デジタルツインてーのはリアルな現実世界をそっくりそのままバーチャル仮想空間内で再現しようって感じのプロジェクトかな。

なんか東京とかの大都市がデジタルツインでまるごと仮想世界内に再現されてたような。

ここにフルダイブやらメタバースのテクノロジーが乗っかってきたらおもしろそうですよね。東京大学とかでも本気で研究されてるみたい。

クリプトエヌエフティーとメタバース

NFTとは「Non-Fungible Token」の略です。読み方は(ノン ファンジブル トークン)。NFT(エヌエフティー)。

唯一無二の「一点物」の価値を生み出せるトークンということで最近話題になっていますね。日本語では「非代替性トークン」という意味です。画像や音声などのデジタルデータに「唯一性」を付加したトークンということで注目を集めています。

NFTといえばNFTゲームやNFTアートのイメージが浮かびますよね。

NFTゲームは仮想通貨・暗号資産でよく耳にするブロックチェーン技術を利用したゲームのことです。別名では「ブロックチェーンゲーム」とも呼ばれていますので、NFTゲームと呼ぶよりはブロックチェーンゲームと呼ぶほうが馴染み深いかもしれませんね。近年ではアートなどの様々な分野でNFTの技術が導入されるようになっています。

今後はNFTもメタバースでどのように活用されていくのか?といったことが興味深いですね。

よくメタバースと混同されがちな「NFT」と「Web3.0」、そして仮想世界とブロックチェーン。

メタバース(metaverse)はギリシャ語のメタ(meta)と英語のbeyond(超える)universe(世界)を掛け合わせた造語です。

インターネット上の仮想世界を指す言葉で、オンライン上に構築された3DCGの仮想空間のなかでユーザーはアバターをつくってその空間に入り込むことでいろいろと遊んだり楽しんだりできます。

2022年はNFT、ブロックチェーンゲーム、メタバースが注目されはじめましたが、まさにメタバース元年ともいうべき年。

メタバース×NFTゲームなど、今後の展開と近未来の生活スタイル、未来のテクノロジーの発展に目が離せません。

以下の記事もどうぞ。

【未来予測の本】日経トレンディ2022 2030大予測の感想【未来の暮らしと生活の変化】

メタバースと釣り。オープンワールドゲーム『ドケビ』は仮想空間で現実のような体験ができる!

メタバース。$Highstreet ($HIGH)、そしてPlayToEarnGameとNFT。仮想通貨で生きてくために学ぶこと。

NFTとメタバースはまだ黎明期!?日本では流行るのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました