スポンサーリンク

αUとGemini Proモデルの連携: 仮想空間への新たな一歩

41 Views

KDDIのメタバース/Web3サービス「αU」とGoogleの生成AI「Gemini Proモデル」が連携し、店舗に訪れなくても着用イメージを確認できるショッピング体験や、リアルタイムに生成可能な音楽ライブ映像の空間演出など、新たなエンタメ体験が展開されます。これは、2024年2月開催のMWC Barcelona 2024で展示され、2024年度以降に商用化される予定です。このようなサービスの普及により、いずれは仮想空間や仮想世界に移住することが当たり前になるかもしれません。

 

KDDIのαUとGoogleのGemini Proモデルが連携し、新たな仮想体験を提供することで、私たちの日常が大きく変わる可能性があります。これまでにないショッピング体験やエンタメ体験が、2024年2月に開催されるMWC Barcelona 2024で展示され、商用化される予定です。

例えば、αUを利用することで、店舗に訪れることなく商品の着用イメージをリアルタイムで確認することができます。Gemini Proモデルの生成AIを活用することで、ショッピング体験がよりリアルでインタラクティブなものになります。また、音楽ライブ映像の空間演出も、リアルタイムで生成されるため、従来のライブ視聴体験とは異なる没入感のあるエンタメ体験を提供します。

これらのサービスが商用化されれば、いつでもどこでも仮想空間や仮想世界にアクセスできるようになります。これにより、地理的な制約や移動の手間を気にせず、多様な体験を楽しむことが可能になります。また、リアルな社会と同様に、仮想空間や仮想世界もコミュニティや経済が形成され、参加者が活発な交流を行う場として発展するかもしれません。

将来的には、仮想空間や仮想世界が私たちの日常生活の一部として当たり前になることで、新たなコミュニティや文化が生まれるかもしれません。私たちは、より広く多様な体験を楽しむために、仮想空間への移住を選択することができるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました