スポンサーリンク

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年 メタバース
1,373 Views

メタバースは2022年からどうなるのか?

ニューノーマルな今の時代、現実世界での交流は難しくなったけれども人間のアイデンティティーや所属欲求(孤立しないようにしたい)というものは無くならないもの。

免疫力が落ちた現代人にとって合理的な選択肢となるメタバース。

EU圏では1万人の新規雇用をメタバースで構築という。今後5年を目標に。

これまでのソーシャルメディアからメタバースへと流れは加速していくのか。

現実空間と仮想空間。二極化がますます進みそうな今後の展望。

オンラインゲームの開発・運営を行う企業の株式会社コロプラもVR、ARをしていたし、メタバース上で働くメタジョブも今後増えていくのかもしれませんね。
スポンサーリンク

Facebookがメタバース開発のために1万人を雇用

Facebookがメタバース開発のために1万人を雇用するとのこと。空間そのものの開発というよりもそこで何をするかに着目していると。

メタヒーローがすごい!革命をもたらす#Metahero は始まりにすぎない

すごいですよね。これ。人間のそっくりのアバターを3Dのバーチャル世界で。

管理人は2021年9月の終わり頃からメタヒーローに注目

メタバースがくるくると言われ始めたのが2021年9月の終わりごろから。

#Symbol も注目されてはいましたが、第一候補としてではなく、やはりメタヒーローでしたかね。

3D作品とか今後はますます熱いのでしょうね。

メタバースのルーツはセカンドライフ?それとも??

メタバースとはネット上の3D仮想空間のこと。

今後は3D仮想空間が注目の的に。

そしてメタバースのルーツですが、実は1992年にSF作家ニール・スティーブンソン氏が発表した「スノウ・クラッシュ」がメタバースのルーツだとの説があります。

スノウ・クラッシュ – Twitter検索 / Twitter

メタバースの語源になったスノウ・クラッシュの復刊。

そしてロボットには尻尾がない、にはリブラという通貨。

へぇ~、「ロボットには尻尾がない」には仮想通貨のリブか。

メタバースの語源といえばデビルサマナーソウルハッカーズも。

未来のお仕事とかメタジョブなどもいろいろと気になりますね。

Facebook社の企業名、社名変更はネット上の3D仮想空間「#メタバース」の開発に力を入れる同社の方針を反映。

将来的にはデバイスがどのように進化するかにもよりますが、現状のVRでは制約が多すぎるのでまずはスマホの進歩が重要課題ですかね。

VRゴーグルを使っての仮想世界とFacebookが技術者1万人を投入してのメタバース人材を欧州で1万人雇用。

いろいろと今後の発展に着目ですね。

以下の関連記事もどうぞ!

pi networkは上場廃止!?パイネットワークの今後の価格予想

eMAXIS Neoのバーチャルリアリティやドローン、テーマレバレッジのゲーム&eスポーツなどで悩む…!

NFTとメタバースはまだ黎明期!?日本では流行るのか?

Uplandで稼ぐ?NFTやゲーム内仮想通貨とAirDrop(エアドロップ)とイーハン・ホールディングス($EH)

2022年開幕!仮想通貨とデジタル通貨はどうなるのか?

生産緑地の2022年問題、そしてデジタル通貨による基準通貨の覇権争い勃発か!?xinfin networkの仮想通貨と将来性

発展する科学技術に期待。DXの転機と空飛ぶクルマ

メタバース。$Highstreet ($HIGH)、そしてPlayToEarnGameとNFT。仮想通貨で生きてくために学ぶこと。

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年

コメント

タイトルとURLをコピーしました