スポンサーリンク

発展する科学技術に期待。DXの転機と空飛ぶクルマ

発展する科学技術に期待。DXの転機と空飛ぶクルマ MR(混合・複合現実)・SR(代替現実)・XR(クロスリアリティ)
1,199 Views

MaaSやCASE、自動運転の実用化。

2025年、そしてその先の新しい時代、新たなモビリティサービスなど未来へ向けた様々なモビリティ社会の訪れ。

近い将来、いずれはクルマも空飛ぶ時代に。

子どものころに夢見たSFや魔法のような世界が現実に。

実証実験に向けたMaaSアプリ開発や移動革命。Maas保険なども出てきました。

以下もすごいですよ!
近未来の生活と技術予測、2025年・2030年の未来イメージが凄い

スポンサーリンク

空飛ぶ車の高度とは

すでにアメリカでは空飛ぶクルマのビジネスモデル作りが着々と進められているそうです。

飛行高度は小型ドローンと干渉しない150m以上の空域で。

飛行機より低く飛ぶ高度150m以上か以下か。

「空飛ぶクルマ」が3分間有人飛行で高度2m・時速4キロ・150m航行したりとかもすでに行われています。

日本製eVTOLとか。

eVTOLとはいわゆる「空飛ぶクルマ」のこと。

eVTOLに特化した操縦者免許とか。

そして移動革命とは人々の移動に革新をもたらす新たなサービス「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」のこと。

3Dプリンターで作る和牛

ほかにも3Dプリンターで作る和牛とかも。

3Dプリント金太郎飴技術

関連情報としては

和牛肉の複雑な組織構造をテーラーメイドで作製できる「3Dプリント金太郎飴技術」を大阪大学らが開発とかの情報もあります。

将来的には家庭にある3Dフードプリンターで肉が作れるようになるとか。

胃がもたれているから今日は脂肪を少なくしようとか気分によって作るお肉を自由自在に変えられますし、とにかく化学の進歩が凄すぎてびっくりです。

数十年後の食生活ってどうなっているのか。しかし2025年問題や2040年問題もありますから。今後は超高齢化社会でどうしても畜産農家も減少していくでしょうから。

以下はNFTの初め方

暗号資産なしで無料でNFTを作成

イラストが描けなくても「肩たたき券」など文字画像をNFTにしてもいい

<『NFT体験講座』の全体の流れ>
①ブラウザにメタマスクを入れよう
②OpenSeaにメタマスクで接続しよう
③OpenSeaでコレクションを創ろう
④OpenSeaでNFTアイテムを創ろう
⑤創ったNFTを販売/無料配布しよう

①ブラウザにメタマスクを入れよう
今回はパソコン画面でFireFoxブラウザでの紹介になります。もちろんChromeブラウザでもできちゃいますよ。ここがもしかしたら一番むずかしいかもしれないので、心して画面写真も細心の注意で見ていってくださいね

Google検索で「metamask firefox」もしくは「metamask Chrome」と検索すると、メタマスク(MetaMask)の拡張機能やChromeエクステンション公式ページが出てきますのでクリック

ADD-ONSにMetaMaskが表示されていることを確認し、「Firefoxへ追加」をクリック。「追加しますか?」と聞かれるので「追加」ボタンを押します

すぐにメタマスクが画面右上に追加されます。「プライベートウィンドウ(シークレットウィンドウ)」でも利用する場合はチェックを入れ「OK」を押します。左下にある「開始」ボタンを押して、メタマスクでウォレットアドレスを作成していきます。新規作成なので、「ウォレットの作成」をクリック

「メタマスクからのお願い」を同意しますで次へ。パスワードの設定がありますので、記入します。このパスワードを忘れると一大事なので、必ず忘れないようにしてくださいね。利用条件を読んで、同意しましたにチェックを入れ、「作成」ボタンを押します

ウォレットの保護の動画を確認したい方は動画を再生します。スキップも可能です。「次へ」ボタンを押します。「秘密のバックアップフレーズ」というもっとも重要なページが出てきました。ここは超重要なので集中してしっかりと確認してください

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックすると、下記のような12のキーワードが表示されます。黒塗りにしているのはとても重要な情報なので、絶対に自分以外の人に何があっても共有しないでください。このキーワードを覚えたら、「次」へボタンを押します

この画像をスマホで撮影したり、コピーしたり、テキストファイルに保存などはしないでください。また、紙に書き写しも本来NGです。おすすめの管理方法は「ハードウェアウォレットによる管理」ですが、今回はあくまでテストということで、「キーワードを覚えた」ら、「次へ」ボタンを押しましょう

ここでさきほどの12個のキーワードを順番に選択します。正しく選択できたら、「おめでとうございます」、ウォレットアドレスの作成が完了しました。Account1 の「0x06A0…cd94」の右側にある書類アイコンを押すと、あなたのウォレットアドレスがコピーされるので試してみてください

②OpenSeaにメタマスクで接続しよう、に進みましょう。Googleで「opensea」を検索し、 「https://opensea.io」へ行きます。要注意なのは、「広告枠」で似たようなサイトは詐欺サイトの可能性があるので、サイトにアクセスしないでください。また、ドメイン名が正しいかを確認してください

こんなページが開きます(詐欺サイト防止の為ドメイン名を必ず確認ください)。右上の財布アイコンをクリックすると、My walletの中に、「MataMask」の狐のアイコンが出てきます。クリックして、メタマスクに接続します(「秘密の言葉」を聞かれたら100%詐欺サイト、絶対に教えないでください)

メタマスクが起動し、接続アカウントを選択します。はじめてウォレットを作った場合は、さきほど作成したウォレットにチェックが入っているので、「次へ」ボタンを押します。接続するサイトのドメイン名が、「https://opensea.io」であることをしっかり確認したら、「接続」ボタンを押します

OpenSeaにメタマスクであなたのウォレットが接続されました。サイト右上にある財布アイコンを押すと、このようにアドレスが表示されます。また、財布アイコンの左側にある丸形のアイコン(この画面では緑色ですが個人によって異なります)を押すと、いよいよNFTのコレクションを作成できます

③OpenSeaでコレクションを創ろう、に進みます。丸型のアイコンからMy Collectionsに行き、「Create a collection」ボタンを押します。署名を求められるので「署名」ボタンを押すと、NFTのシリーズを決めるコレクション作成画面に飛びます

コレクションはあとからでも変更ができるので、いったん「*」がある必須項目を埋めていきます。「Logo image*」に、コレクションのイメージに合う画像をアップロード。フリー素材を使ったり、著作権に触れないイメージをスマホで撮影し、パソコンに画像を送ったりするなどがかんたんだと思います

次は必須項目のコレクション名「Name*」を埋めます。大文字や「_(アンダーバー)」や記号などは使えないのでご注意ください。過去に他のユーザーに取られているNameも使えません。URLは任意設定ですが、「Name*」と同じ英数字にすると覚えやすいでしょう。SNSも任意で設定してください

Blockcahinは任意項目ですが、無料でNFTを生成し、無料で配布するときには、Ethereumではなく、「Polygon」を指定する必要があります。「Polygon」を選択すると、自動的に支払い方法に「ETH(Polygon)」に設定されますので、まずはこれでOKです

最後に左下の青色の「Create」ボタンを押すと、コレクションが完成します。エラーが出た場合は、エラーメッセージをDeepL翻訳などを使って読み解いて設定方法を見直してくだい。無事に生成されたら、コレクションページができあがります!

④OpenSeaでNFTアイテムを創ろう、に進みます。画面右上の「Add item」をクリック。「Create new item」で、コレクションと同じ用に必須項目を埋めていきます。Image,Video,Audio,or 3D Modelなどさまざまな形式に対応しています。今回は一番かんたんなImage=画像を設定し、「Name*」を入れます

Supplyは1個以上の数値を記入ください。今回は販売や無料配布を想定するので、100個としました。BlockchainがPolygonであることを確認。このNFTアイテムの情報はあとから変更できますが、一度NFTを誰かに配布・販売をしたら変えられないので慎重に。設定が完了したら「Create」ボタンを押します

記入が問題なければ無事にNFTが生成できました!作成直後は、アイテム詳細画面ではまだ「Edit」ボタンが押せることを確認してみましょう

⑤創ったNFTを販売/無料配布しよう、に進みます。アイテム詳細ページの右上の「売る」をクリックすると、「販売」設定画面が立ち上がるので、販売数=Quantityと、値段=Price per itemを記入し、「Complete listing」ボタンを押し署名します

Complete your listing画面が出てくるので、「Unlock」ボタンを押し署名します。続いて、「Sign」ボタンを押し署名します

しばらく待つと、無事に販売が開始され、「現在の価格:0.001ETH(Polygon)」と表示され、販売が開始されます。画面は別のユーザーから見たアイテム詳細ページで、「Buy now」で現在の価格の購入、「Make offer」で希望価格を伝える機能となっています

続いて、NFTを無料配布する方法です。アイテム詳細ページの右上のプレゼントアイコン(Tranfer)を押します。NFTを送る個数と、送り先のウォレットアドレス=Addressを送りたい相手のアドレスを記入して、「Transfer」を押します。Trans your itemページで、「Transfer」ボタンを押し署名します

「Your transfer has processd!」が出たら無料配布完了です!ブロックチェーンが混雑しているとエラーが出て送信ができないことがありますので、時間をおいて再送ください。アイテム詳細の取引履歴で送付のログが残っていることを確認できます。相手先ページでもNFTが届いていることを確認できます

以上、無料でゼロからNFTを生成・販売・配布ができる手順を解説しました。Polygonチェーンで1点だけ要注意。販売がうまくいって売上がETH(Polygon)でウォレットに入っても、絶対に取引所にETH(Polygon)で送らないように。収益をすべて失うことになります。ETH(Ethereum)に変換する必要があり

楽しいNFTライフを!今回のこの投稿文や画面写真はフリー素材(https://bit.ly/2XSFPLT )としますので、ご自由にブログ記事化や英訳や漫画化(!)など行ってください。リンクバックはなくても構いませんので、誰もがNFTの世界にはいってきもらえるように、みんなで盛り上げていきまっしょい!

出典:@paji_a

素晴らしいNFT情報でした…!!

ブロックチェーン技術を活用した非代替性トークン、略称: NFT。

デジタルの絵や非代替性トークン、すなわちnon-fungible token、略称: NFT。

NFTアートの取引をするには基本的に仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)が必要となります。

ブロックチェーン技術を活用したデジタルアート作品などの唯一性。Non-Fungible(代替不可能)なトークンであるNFT。

NFTは「Non-Fungible Token」の略で非代替性トークンのこと。暗号資産(仮想通貨)の一種で他の仮想通貨と同様にブロックチェーン上に存在するというものです。

NFTやブロックチェーンの将来性には特に期待したいですね。

個人的には移動革命と呼ばれる空飛ぶ車の高度やeVTOLの免許、エアモビリティ(AirMobility)といった経済産業省の次世代空モビリティ政策室と空の移動革命に向けたロードマップが非常に興味深いです。

以下の関連記事もどうぞ!

pi networkは上場廃止!?パイネットワークの今後の価格予想

eMAXIS Neoのバーチャルリアリティやドローン、テーマレバレッジのゲーム&eスポーツなどで悩む…!

NFTとメタバースはまだ黎明期!?日本では流行るのか?

Uplandで稼ぐ?NFTやゲーム内仮想通貨とAirDrop(エアドロップ)とイーハン・ホールディングス($EH)

2022年開幕!仮想通貨とデジタル通貨はどうなるのか?

生産緑地の2022年問題、そしてデジタル通貨による基準通貨の覇権争い勃発か!?xinfin networkの仮想通貨と将来性

発展する科学技術に期待。DXの転機と空飛ぶクルマ

メタバース。$Highstreet ($HIGH)、そしてPlayToEarnGameとNFT。仮想通貨で生きてくために学ぶこと。

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年

コメント

タイトルとURLをコピーしました