スポンサーリンク

BrainTechの市場規模と近未来の生活、テクノロジーの将来性

BrainTechの市場規模と近未来の生活、テクノロジーの将来性 AR(Augmented Reality : 拡張現実)
1,393 Views

フォーブスが2017年に発表したデータによると、世界の(BrainTech , neuroscience)市場は2020年には120億ドルに達する見込みで、もっとも成長が期待されている領域だ。とされています。

脳科学の分野、ブレインテック。BMIとかブレインマシンインターフェイスとか。脳波のスタートアップとか。
2025年は節目で2030年には電気自動車がメインになるでしょうし、IoTによって管理も行き届き、メタバースが当たり前に広がっている…。

そういう世界になっているのでしょうか。

とにかく脳科学に関する分野、ブレインテック市場というものは非常に可能性の大きい分野だと思います。

スポンサーリンク

BrainTechの市場規模は2024年に5兆円

BrainTechの市場規模は2024年に5兆円
日経新聞によると、

脳科学と技術を組み合わせた分野はブレイン(脳)テクノロジー(技術)から「ブレインテック」と呼ばれるそうです。

三菱総合研究所はブレインテックの世界市場規模が2024年には20年比で2割増となる5兆円程度に及ぶと予測しています。

8割以上を医療やヘルスケアが占めるが、自動車など非医療分野も1兆円近くになるそうです。

ブレインテックの市場規模と今後の近未来の生活

医療やヘルスケアだけではなく、自動車の運転などあらゆる分野でテクノロジーの発展が期待できるブレインテック市場。

脳波で車やドローンの運転、家電の操作、ロボットの操作にヘルスケア、医療とあらゆる産業での活用が期待できそう。

SF映画やSFアニメ、漫画でよくある脳波で制御するロボットとかね。

ガンダムとSAOの脳波について

ブレインテックの市場規模と今後の近未来の生活
ガンダムでも脳波で制御する機体がありましたよね。ガンダムはスーパーロボット大戦とかで主人公の機体とキャラクターがかっこいいのでちょっと見聞きしたレベルなので、そんなに詳しくはありません。

けど、脳波で操作って言えばアムロレイで有名なフィンファンネルやサイコフレームといった武器や刹那というキャラが主人公のガンダムでも脳波で制御してましたよね?フィンファンネルは人の脳波で遠隔操作出来る武器で…νガンダムめっちゃカッコイイですよね。ね?カッコイイですよね!?

脳波でいろいろと操作できるようになる…SF映画などが現実になる。

空想が現実に。あらゆる技術が進歩し世界は平和になる。現在の2022年から比較して、文明は飛躍的に進歩しますね。

※空想は現実となる。文明が飛躍的に進化する。あらゆる産業の技術が大きくステップアップし文明の発達が加速していく。

とにかくブレインテックの市場規模はすごいものですし、この分野を起点にいろいろと近未来の生活も変化していきそうです。

脳の見える化とブレインテックのカオスマップ

ITと脳科学、脳の見える化とブレインテックのカオスマップ。いろいろとすごいですよね。人間の未知なる領域、脳をついに科学で!

脳という神秘の分野がブレインテックのテクノロジーでいろいろとわかってくる。いろんなことができるようになる!まさにSF映画!SFアニメや漫画のように!

株式会社メディアシークって会社が以前にブレインテックカオスマップ2021年というのを出していました。そうそう!そうだった!

ブレインテックのカオスマップ!以前に見かけたとき、凄い!これは絶対に近い将来、ドメインを取ってブログサイトを開始して記事に書いてみたい!と思ったものです。

ブレインテックの関連市場をカオスマップで紹介!

これはいろいろと将来性が気になります!

今回はブレインテックのカオスマップや市場規模、近未来の生活に対する期待とテクノロジーの将来性の記事でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

以下の記事もどうぞ。

メタバースと釣り。オープンワールドゲーム『ドケビ』は仮想空間で現実のような体験ができる!

メタバースとフルダイブと東大の研究

【未来予測の本】日経トレンディ2022 2030大予測の感想【未来の暮らしと生活の変化】

発展する科学技術に期待。DXの転機と空飛ぶクルマ

コメント

タイトルとURLをコピーしました