スポンサーリンク

フルダイブとイーロン・マスクと仮想現実とシミュレーション仮説

フルダイブとイーロン・マスクと仮想現実とシミュレーション仮説 デジタルテクノロジー
246 Views

イーロンマスク氏といえば、Twitterの買収とかの話題でトレンド入りしたりとすごい有名人ですよね!

アメリカの自動車会社、テスラの社長。イーロン・マスク氏といえば、テスラ!てな感じで知られているのではないでしょうか。

ですが、そんなイーロンマスク氏、実は仮想現実やメタバースに関係するフルダイブ技術などのこれからの新しい技術や期待したくなるテクノロジー分野でもいろいろと関係しています。

すごく気になるイーロンマスク氏の新事業や新技術など。話のネタにもなるのでいろいろとご紹介しましょう!

スポンサーリンク

イーロン・マスク氏とシミュレーション仮説

イーロン・マスク氏とシミュレーション仮説
テスラのCEOとして知られるイーロンマスク氏。テスラの自動運転技術と自動運転車には期待したいですね。

そんなイーロンマスク氏。

新技術を開発する新事業の立ち上げもいろいろと行っていて、スペースXやスターリンク、ニューラルネットワークの開発などを行うニューラリンクの企業やブレインテック産業などにも積極的に取り組んでいるとの情報もありますね。

いろいろと新しい技術や世界に意欲的に取り組むイーロン・マスク氏。そんな彼が発言していたシミュレーション仮説をご存知でしょうか。

詳しくは後述しますが、シミュレーション仮説。

個人的にはマンデラエフェクトやパラレルワールドなどもなかなかロマンがあって面白いですし、マルチバース理論や量子力学などにも興味がありますので、シミュレーション仮説も個人的には支持したい感じですね。

ちなみにイーロンマスク氏はロボット工学分野にもいろいろ携わっておられるようで、テスラロボットなどはホントすごくて初見のときは、Twitterで見かけた瞬間驚きましたよ!(笑)

アシモフとフルダイブとロボット技術

アシモフをご存知でしょうか。

アイザックアシモフ氏といえば、15歳の若さでコロンビア大学に入り、SF専門誌に短編が掲載され作家デビュー。アメリカ合衆国の作家・生化学者としてボストン大学の教授を務めるなどでも知られています。

そんなアイザック・アシモフ氏とロボットやフルダイブ技術。

SFファンの中には、
ベルヌ、ウェルズ、クラーク、野尻抱介、新井素子を愛好するファンも多いそうです。

アイザック・アシモフ氏の数々のSF小説はおもしろいですよ!「ロボット未来史」、「ロボット工学三原則」、等々。

アシモフ未来史目録
http://www2s.biglobe.ne.jp/tetuya/MS/asimovmoku.html

未来を創り出す驚きの思考と新しい世界観への挑戦!イーロンマスク氏にも通ずるものがあると思います。

ファウンデーションと地球というアシモフ氏の世界観

ファウンデーションと地球という作品があります。SF作家のアイザック・アシモフ氏の作品。

銀河帝国興亡史と伝説の人類発祥の地である地球探訪の話。

銀河帝国とかだとエイリアンインタビューなどもおもしろかったですね。マチルダ氏の書籍とか。

それに人類発祥の星が伝説となった遠い未来、地球探訪という話では、猿の惑星やスパロボことスーパーロボット大戦シリーズでもSFアニメの作品が参戦作品として、クロスオーバーされていましたね。

アシモフ氏の世界観に通ずるスパロボ的クロスオーバー作品

スーパーロボット大戦シリーズで遠い未来の地球を取り扱う作品としては、以下がありますね。

イデオン

蒼の地球

翠の地球

イデオンは有名なので割愛します。蒼の地球はよく知らない。

翠の地球は確か、人工知能・AIがパートナーとなるモビルスーツみたいな人型機動兵器に搭乗する主人公と遥かな遠い未来の地球人と未来の地球が舞台の話だったような。
スパロボα外伝では荒廃した遠い遠い未来の地球が舞台でした。

イデや蒼の地球、翠の地球でも環境破壊が進んでしまい、人類の生存に適さない環境となってしまった遠い未来の地球が舞台だったように記憶してます。

もうひとつ…何か遠い未来の地球で環境破壊が進んでしまい、人が住めなくなってしまって外宇宙へと移住していき遥かな未来に地球とは知らず探訪してくる作品がありました。

…あぁー!「宇宙戦士バルバトス」か!いや、「宇宙戦士バルディオス」だったかな!!(笑)

S-1星の話!遠い未来の地球とタイムパラドックスの話。あれはおもしろかったですね。

なんだか話が逸れてしまいましたが、SF作品などでは未来にはロボットや移住可能な惑星の探索も当たり前になっていますし、人類の火星移住を進めるプロジェクトや火星移住計画というのもあります。

イーロン・マスク氏の持つ航空宇宙メーカー・スペースXとXプライズ財団が本気で火星移住のための技術革新を進めていますし、人類の究極目標である「火星移住計画」では2030年代には人類を火星に着陸させるというロードマップも出来上がっているそうです。

月に住むのが現実となる「月面都市ムーンバレー構想」というのもありますし、令和時代のムーンショットとも呼ぶべきこれらの新しい技術と計画には期待したくなりますね!

とにかく持続可能な地球環境のために、環境問題にはもっといろいろ意識を持って、いま出来る最大限の取り組みをしながら次の世代に地球環境と自然を残したいですよね。

それに伴いテクノロジーの進歩にも期待したいところです。

テクノロジーと近未来の技術の実現と言えば、以下の情報も。

ドラえもんの道具で現在実現化している、あるいは近い将来実現化しそうなものはありますか? – Quora

さて、イーロンマスク氏と言えば、仮想現実。

イーロンマスク氏と仮想現実世界

仮想現実と言えば、最近流行りのメタバースとかの仮想空間のことかと思えばそうではありません。

そういうのではなく、我々の住むこの現実世界が仮想現実の世界だという考え方です。

いわゆるシミュレーション仮説とか言うやつですね。

スピとかオカルトとかでは悲しみの惑星がなんとかだの地球は宇宙の牢獄だの監獄惑星だのいろいろ言われたりもしてますね。

そしてイーロンマスク氏含む富裕層の方々や支配者層といった大富豪の人達は、我々の置かれたこの環境、輪廻転生の負のループからの救済だとかで何とかしようとしているとかの情報をみたことがあります。

まあどうなのか。本当のところはわかりませんが、とにかくシミュレーション仮説という考え方はおもしろいですね。

シミュレーション仮説と自由意思

そういえばナオキマン氏の動画でシミュレーション仮説とかの動画を見かけたことがあります。エンキとエンリルの話とか自由意思の話とか。

この世はある意味シミュレーションとか。他にもYouTubeでシミュレーション仮説でのバグ現象とかの動画も見かけたことがあります。なかなかおもしろかったですよ。

とにかくシミュレーション仮説。

各人それぞれの住む現実世界と世界線。

もしかするとこの世はパラレルワールドなのかもしれませんし、各人の意識や周波数・振動数によって世界線は異なり分岐するのかもしれませんね。

とにかくこの世は『今だけ・金儲けさえ出来れば良い・自分だけ良ければいい』という考え方では絶対にヤバいですし、因果応報や因果率というのもあるでしょう。

天命を全うした後は単なる肉塊となり、それで人生が終わりという訳でも無いと思いますし、魂のルージュ的なこと、無明庵とかね。

なので因果応報、それは絶対にあると思います。

そしてこの世はイメージと意識の力で成り立っているというのはあながち間違っていないと思います。

自身の人生を成功させたいのであれば、言霊の力を借りる感じで、多くの人の前で成功体験を宣言し、人に意識させて潜在意識と深層意識にアピールし、イメージ通りに人生が運ぶように具現化させるとかね。

逆に『人生はこの世で生きてる間だけ』ということでも無いと思いますね。

人生は一度きりなのだからと好き勝手に多くの人を踏み台にしたり人を苦しめてばかりいると、多くの人の負のエネルギーやイメージが集まり後々、自身の人生に悪影響が表れてきたり上手く行かなくなったりするとかそういうのもあると思います。

ウェブサイトやブログサイトのリンクの関係みたいなもんですかね。良いリンクが自然に張られると自身のコンテンツにプラス加点となりますが、悪いリンクが集まるとどれだけ優れコンテンツであってもマイナス効果となり墜ちていくというね。

お天道様が見てる、とは昔からよく言ったもので、御天道様というより支配者層の方々がなんでもお見通しかもしれませんけどね。笑

とにかくお天道様が見てようがみてまいが、人として恥ずかしく無い生き方というか生き様が大事だと思います。

そうすることで地球環境にも優しくなれますし、動植物にも優しくなれますしね。

シミュレーション仮説について

最後にもう一度。

シミュレーション仮説についてですけど、ちょっと失念してしまって今は思い出せませんが、量子論の分野か何かで最近わかったことで、シュレディンガーの法則だったかな。

それともシュレーディンガーの猫だったかな。

あのパラドックスで、最近何か『新しいことがわかった』だとかでちょっと衝撃を受けた情報がありました。

そういうのをみるとますますシミュレーション仮説とかが気になったりしますね。

またその辺については後日にでも記事にしてみますよ。

以上。今回は主にフルダイブとシミュレーション仮説についての記事でした。

以下の人気記事もおすすめです。

NFTとメタバースはまだ黎明期!?日本では流行るのか?

メタバース。$Highstreet ($HIGH)、そしてPlayToEarnGameとNFT。仮想通貨で生きてくために学ぶこと。

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年

【未来予測の本】日経トレンディ2022 2030大予測の感想【未来の暮らしと生活の変化】

メタバースとVRとフルダイブXR 。実現はいつ頃?可能性と近未来

レトロレトラ?トミカかミニカーかミニ四駆か。メタバースのガンダムプロジェクトも期待

メタバースとオープンワールドは流行るのか?フルダイブ技術と2030年の未来予想

メタマスクカジノとメタバース。新興オンラインカジノは対応も!?

フルダイブとイーロン・マスクと仮想現実とシミュレーション仮説

コメント

タイトルとURLをコピーしました