スポンサーリンク

フルダイブ技術の現状と2030年の可能性!無理?VR没入は何年後!

フルダイブ技術の現状と2030年の可能性!無理?VR没入は何年後! VR(Virtual Reality/仮想現実)
257 Views

フルダイブってなんの事?という人も多いことでしょう。

インターネットでフルダイブと検索すると、某アニメが上位に並ぶので、フルダイブとはどういったものかご存知ない方は一度見てみると良いでしょう。

フルダイブはアニメSAOことソードアート・オンラインに登場する概念です。

簡単に説明すると、フルダイブとは現実世界とそっくりな疑似体験を仮想空間、バーチャルリアリティ内の仮想現実世界で体験できるという夢の技術です。

その夢のようなテクノロジー、フルダイブ技術が近い将来ホントに実現できるのでは!?と言われています。

今回はそのあたりについても書いてみますね。

スポンサーリンク

フルダイブ技術 2030には!?

全身で仮想空間に入ることができるという夢の技術。それがフルダイブ技術ですが、そんなこと、現在のテクノロジーでは到底不可能なものですよね。

でも5年先は?10年先は?

流行りの感染症のおかげでテクノロジーは急激に進歩しました。

キャッシュレス決算しかり、AIやロボット、ナノテクノロジー、ドローンなど科学技術の発展がすさまじい。

最近のテクノロジーの発展には目を見張るものがあります。それに一部界隈では近未来、近い将来にはシンギュラリティを迎えるとも言われています。

量子コンピューター、ブロックチェーン、デジタルツイン、デジタルトランスフォーメーション、そしてメタバース。

数年前では想像すらできなかったようなテクノロジーがいま現在では目の前にあります。

ほんの数年先、5年先ですらどうなるかわかりません。ましてや2030年には本当にテクノロジーは急激な発展を遂げ、フルダイブ技術が実現しているのかもしれません。

近未来・10年後のライフスタイル・2025年~2030年の暮らし予想

近未来の生活と技術予測、2025年・2030年の未来イメージが凄い

スマホもいずれは身につける腕時計型から衣服に着用する型に、そしてメガネやコンタクトレンズ型を経てチップ型になるかもしれません。

そしてVR機器もゴーグル型からサングラス型、コンタクトレンズ型を経ていずれはナノテクノロジーの恩恵を受けて、便利にそしてリアルに楽しめるものになるかもしれません。

いま現在では実現不可能でも近い将来、本当に実現可能となるかもしれませんね。

仕事や労働も近い将来、仮想空間内で行うようになるかもしれません。

現在では出社などという、満員電車に乗っての通勤など流行りの感染症もあるなかでの危険と隣り合わせな文化が主流の現在。
ですがこういった文化も近い将来では、自宅に居ながらにしてバーチャル出社やオンライン空間・仮想現実空間内での出社や出席、メタバース空間内での生活が当たり前になっているかもしれません。

フルダイブ技術ですが、2030年にはどうなっているのか!?いまから期待に胸が膨らみますね。

フルダイブ技術の現状

フルダイブという言葉は人気アニメのソードアート・オンライン(SAO)に登場するフルダイブ用ゲームデバイスの「ナーブギア」を使って有名になった言葉のようです。

ソードアートオンラインのストーリーではオンラインゲーム「ソードアート・オンライン」に入り込んだ主人公達が開発者の悪意で現実世界に戻って来れなくなるというストーリーです。

現実的にはフルダイブ技術の現状はまだまだ実現不可能っぽいですし、現実世界でアニメのような全身没入型。

フルダイブを実現するには仮想空間に五感を接続するために「ブレインマシンインターフェイス」の技術が必要になりますね。

ブレインマシンインターフェースはフルダイブ技術の中核になるテクノロジー。

そんな夢の技術フルダイブですが、現状では実現はかなり厳しいのが実情のようです。

今後のフルダイブ技術の可能性

フルダイブ技術の重要な鍵となる全能シミュレーション。

これは人間の脳機能をコンピューターを使用して再現するものですが、現在のスーパーコンピューターをもってしてもスパコンの演算能力でも困難を極めているのが現状です。

フルダイブ技術の確立にはスパコンを超える量子コンピューターが必要。

そして全能シミュレーション、脳機能の分野の飛躍的発展と汎用型AI、VRデバイスのさらなる進化や視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感すべての再現。これらが必要。

人間の持つ五感を仮想空間の世界で現実世界と変わらないレベルでの再現が必要。そのためには脳と機械のリンク、脳と神経などを機械につなぐことで仮想現実を形成してフルダイブ形仮想現実VRの実現が不可欠です。

果たしてフルダイブ技術は可能なのか!?

現時点では困難ですが、技術の発展は驚くほどの進歩を遂げていますから、近い将来にはブレインマシンインターフェースも実現するでしょうし現実世界と変わらないような仮想現実のVR世界をフルダイブ技術で楽しめるようになるのではと思います。

そう、まるでSF映画のレディープレイヤーワンのように。

フルダイブ技術・大学では?

フルダイブ技術。情報工学。

最近ではフルダイブシステム・フルダイブ技術を研究する企業や大学が増えてきています。

最先端技術のバーチャルリアリティ。

脳と外部の通信やリンクなど、ソードアート・オンラインの概念を研究するための大学・学部や研究機関があります。
大学の学部についてです。高1です。SAOのフルダイブ技術の基本概念を研究したいと思っています。(脳と外部との通信など)どこの大学... - Yahoo!知恵袋
大学の学部についてです。高1です。SAOのフルダイブ技術の基本概念を研究したいと思っています。(脳と外部との通信など)どこの大学のどの学部学科に行けばいいのですか? 難しい分野ですが、軽く調べたらこんなの出てきました。

SAOのフルダイブ技術の基本概念を大学で研究。すごい時代になってきましたね。

フルダイブ技術は無理なのか!?

現時点では困難でしょうね。

しかし近未来ではわかりませんよ。

キャッシュレス社会、デジタル社会は急速に進歩していますし、テクノロジーの発展もすごい勢いです。
ドローンに空飛ぶクルマ、ナノテクノロジーにロボット、AIなど。ひと昔までは想像すらできなかったテクノロジーがどんどん実現しています。

この勢いでテクノロジーが進めば近い将来、フルダイブ技術も実現可能となるのではないでしょうか。

これはいまから期待できそうですね。

フルダイブ技術に関する論文

フルダイブ技術を研究する論文があるようです。

夢のフルダイブ技術に向けて

VR刺激の生体への影響
バーチャルリアリティの新しい潮流

仮想現実感技術とその応用

といった論文や研究等々。

これはなんだか本当に実現しそうですよね。

アニメやSF映画などに出てくるテクノロジーは予測プログラム(予測プログラミング)とも言われていますからね。

これは面白そう。科学技術・テクノロジーが発展し、空想が現実となり、魔法のようなことができるようになれば良いなと思います。

今現在とフルダイブ技術(2022年)

今年、2022年はアニメ「ソードアートオンライン」のサービス開始年だそうで。

現代の技術でフルダイブVRゲームの再現(下記)とか面白そう。

アニメ『SAO』2022年は“ソードアート・オンライン”のサービス開始年! 現代技術でフルダイブVRゲームを再現してみた - PASH! PLUS
『ソードアート・オンライン』はライトノベルを原作として2012年にアニメ第1期が放送されて以来、2期、3期、
以下の記事はテスラスーツやブレインマシンインターフェース等々

https://yoshilabo.net/フルダイブ技術はすでにある。ただゲームに行き/

現代の技術ではまだフルダイブVRは不可能ですが、少しずつ実現に向けて技術が進歩していますね。

フルダイブ技術と東工大

東京工業大学にてフルダイブ技術に関するイベントが開催。

東工大×『ソードアート・オンライン』。最新の科学技術で出現したユイが奇跡を起こす?
10月6日に東京工業大学で開かれた『ソードアート・オンライン』イベントの模様をお届け。大学教授や川原先生、声優陣を交えて濃密なトークが展開しました!
『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』に登場した“東都工業大学”のモデルとなった東京工業大学で開催されました。

これってすごいですよね。

なんだかワクワクしますよね。

果たしてフルダイブvrは何年後になるのか

2025年がひとつの節目になるのではないでしょうか。

そして遅くてもフルダイブ技術の実現は2030年。

その頃にはフルダイブVRは実現可能になっているのではと思います。

2030年ですからたったの8年後ですね。

少なくともフルダイブ技術ならぬハーフダイブVR技術などは、近い将来、ほんの少し先の近未来には普通に娯楽のひとつとして実現可能になっているのではと思います。

いかがでしたか?フルダイブ技術というのは。

フルダイブという言葉を知らなかった人も、今回の記事をお読みになって興味が出てきたのではないでしょうか。

フルダイブ技術やVR技術、メタバースなどの仮想空間関連の新情報は、また何かあれば記事にしてみますね。

以下の人気記事もおすすめです。

NFTとメタバースはまだ黎明期!?日本では流行るのか?

メタバース。$Highstreet ($HIGH)、そしてPlayToEarnGameとNFT。仮想通貨で生きてくために学ぶこと。

メタバースとNFTの親和性。メタヒーロー(Metahero)と2022年

【未来予測の本】日経トレンディ2022 2030大予測の感想【未来の暮らしと生活の変化】

メタバースとVRとフルダイブXR 。実現はいつ頃?可能性と近未来

レトロレトラ?トミカかミニカーかミニ四駆か。メタバースのガンダムプロジェクトも期待

メタバースとオープンワールドは流行るのか?フルダイブ技術と2030年の未来予想

メタマスクカジノとメタバース。新興オンラインカジノは対応も!?

フルダイブとイーロン・マスクと仮想現実とシミュレーション仮説

メタマスクとBraveWalletとファントムウォレットの使い方=メタバース系

フルダイブ技術の現状と2030年の可能性!無理?VR没入は何年後!

コメント

タイトルとURLをコピーしました