スポンサーリンク

「AIのべりすと」:日本語最大級の文章生成AIツールが登場!無料・有料プランの違いとは?

126 Views

最近、知り合いから勧められた「AIのべりすと」という新たなAIツールが注目を集めています。これは、日本のゲームクリエイターであるSta氏が開発し、2021年7月に公開されたものです。その特徴的な名前からも分かる通り、「AIのべりすと」は文章生成AIの一種であり、その高い精度と柔軟性によって、多くの人々に愛用されています。

「AIのべりすと」は、日本語のパラメータとコーパスから訓練されたAIであり、8000字までの文章生成が可能です。これにより、小説からブログ記事、シナリオまで、さまざまな文体やジャンルの文章を生成することができます。有料プランは以下の通りで、それぞれのプランに応じて月額料金が設定されています。

ボイジャー:990円/月
ブンゴウ:1,650円/月
プラチナ:2,970円/月
一方、無料アカウントも提供されており、誰でも気軽に利用することができます。ただし、無料アカウントでは出力回数に制限があり、一定回数を超えると一定時間出力ができなくなります。そのため、本格的に活用したい方には有料プランの検討がおすすめです。

特に小説執筆を考えている方には、「AIのべりすと」が大いに役立つでしょう。数行の文章を入力するだけで、AIがその続きを自動生成してくれるため、ストーリーの構築やアイデアの発展に活用できます。また、プロンプトを通じたAIとのチャットも可能であり、執筆の際に新たなインスピレーションを得る手助けとなることでしょう。

しかしながら、利用規約には注意が必要です。特にサスペンスやホラーといったジャンルにおいて、15歳未満の方が不適切なコンテンツを生成する可能性があるため、その点に留意することが大切です。未成年者の場合は、保護者の同意を得て利用するよう推奨されています。

「AIのべりすと」は、AI技術の進化がもたらす実用的な成果の一例と言えるでしょう。無料プランから有料プランまで、幅広いユーザーに向けてその優れた機能が提供されています。今後もますます多くの人々がこのAIツールを通じて創作活動や執筆をサポートされることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました