スポンサーリンク

早期退職に成功したFIRE達成者の資産運用術:投信積み立てで1億6000万円の資産を築く

119 Views

株式投資などを駆使して、まとまった資産を築き、早期退職を果たすFIRE(Financial Independence, Retire Early)を達成した成功者の一例を紹介します。この記事では、投資信託の積み立てを通じて資産を構築し、50歳でFIREを達成した”夢見る父さん”(ハンドルネーム)のストーリーをご紹介します。

夢見る父さんは、会社員として働きながら、主にインデックス型投資信託を活用して資産を積み上げ、50歳でFIREを達成しました。投資信託に興味を持ち始めたのは、40歳の頃、娘が生まれたことがきっかけでした。

投資に対する経験は長く、30歳から個別株やアクティブ型投資信託、FXなどに手を出し、それなりの成功も収めていました。しかしながら、リーマン・ショックの影響で資産が大きく減少し、その後も苦い経験をすることとなりました。こうした挫折を経て、夢見る父さんは娘の未来のためにも資産を築きたいという思いを強くし、投資に本腰を入れることを決意します。

様々な情報収集の末、夢見る父さんは独立系の直販投信を知り、その後インデックス型投資信託を通じた国際分散投資を実践することになります。夢見る父さんは、浪費をせずに給与の半分を投資信託に充てるハイペースで積み立てを進めました。

夢見る父さんのFIREへの道のりは、2019年に勤務先が希望退職を募集したことを境に大きな転機を迎えました。資産の評価額が増加し、親の介護も始まる中、彼は50歳での早期退職を果たす決断をしました。しかしながら、退職後の計画が新型コロナ禍の影響を受けて頓挫し、介護生活が始まることとなりました。

それでも、夢見る父さんは投資を続け、特に退職後には資産が飛躍的に増加しました。彼はコツコツとした投資の他に、投機的な投資も成功させました。この結果、わずか1年ほどで資産は1億6000万円にまで成長しました。夢見る父さんは、経済的な安定感を持ちつつ、リラックスしたペースで働きながら、家族との時間を楽しんでいます。

夢見る父さんは自身の経験から、FIREは単に経済的な準備だけでなく、心身の準備も必要であるとアドバイスしています。彼は、「経済的な不安がなく、マイペースで働ける今の状態が理想的だ」と述べ、成功の秘訣を語っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました