スポンサーリンク

すき家の裏メニュー「コブラ」「エンペラー」「ゴッド」とは?驚愕のサイズとその秘密に迫る!

139 Views

すき家、日本の人気ファストフードチェーンの中でも、普段のメニューに加え、時折裏メニューとして特別なアイテムを提供しています。
その中でも特に注目すべきは、「コブラ」「エンペラー」「ゴッド」という3つの巨大な裏メニューです。

これらのメニューアイテムは一体どれほどのサイズで、どのような背景があるのでしょうか?

スポンサーリンク

すき家の裏メニュー「牛丼コブラ」とは?

裏メニューの中でもトップクラスのサイズを持つ「コブラ」は、通常のキングサイズ牛丼をベースに、牛丼並の肉を追加しています。

牛肉だけでも通常の7倍に相当する595gと、ごはんが並の4倍にあたる1040gという圧倒的なボリュームを誇ります。
これは、一般的な大食いでも挑戦が難しいレベルでしょう。

しかしながら、実際にその存在を確認する動画を探しても、通常のキング牛丼と牛丼並を組み合わせて食べている動画しか見当たらず、コブラ牛丼が存在するかについては疑念が残ります。

すき家の裏メニュー「牛丼エンペラー」とは?

一方、「エンペラー」はキング牛丼2つ分の牛肉を使用し、ごはんも通常の6倍の1560gという超大盛りサイズです。
この巨大なメニューもまた、食べること自体が難しいと思われるほどの量です。

すき家の裏メニュー「牛丼ゴッド」とは?

そして、最も驚愕的なのが「ゴッド」。これはキング牛丼4つ分に相当する牛肉が使われ、ごはんも通常の12倍にあたる3120gが供されます。
このサイズは合計で5kg以上にも及び、一般的な食事とは次元が違うものとなっています。

これらの巨大な裏メニューについては、ユーチューブ上に動画が存在したとの情報もありますが、現在は削除されている可能性もあるようです。
コブラやゴッドなどの存在については、その巨大なサイズゆえに、一般の消費者には挑戦しがいのあるメニューとして提供されているのか、あるいはそれはあくまで都市伝説なのか、はっきりとはわかっていません。

すき家のファンや大食い愛好者にとっては、これらの裏メニューがどのようなものなのか気になるところでしょう。

未だにその真相は謎に包まれたままであり、一度食べてみたいと思う人も多いことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました