スポンサーリンク

Web制作のプロフェッショナルに! ウェブデザイン技能士とは?

Web制作のプロフェッショナルに! ウェブデザイン技能士とは? ウェブデザイン・Webサイト制作
164 Views

ウェブサイト制作やWebデザイン。最近こうしたジャンルに興味を持つ人も増えているのだとか。

そしてこうしたWeb系の分野メシを食っていくうえで、かなり有利になるかもしれない資格、そう。プロフェッショナルである証となる資格に「ウェブデザイン技能士」ってのがあることをご存知でしょうか。

ウェブデザイン技能士とは一体どういう資格なのか。そしてウェブサイト制作やWebデザインに携わる人はどのようなスキルや資格を持っているのか?

Webサイトの制作に必要な知識や技術力を持つ実力の証明となるウェブデザイン技能士。

彼らがどのような働きをしているのか、そしてその資格の取得方法とは?

今回の記事ではそれらについて触れてみました。

ウェブデザインやWeb制作に興味のある方は、ぜひ一読してみてください。

スポンサーリンク

ウェブデザイン技能士?

ウェブデザイン技能士って要はあれですね、ウェブサイトのデザイン・制作・運用に必要な知識や技術を持った人材としての証となる資格のことですね。

ウェブデザインの基礎から応用までを学び、制作ツールやWebマーケティングなども習得しているという証。

この資格を取ることで、より高度なウェブサイトの制作やウェブ業界でのキャリアアップにもつながるのではと。

ウェブデザイン技能士とは?徹底解説!

ウェブデザイン技能士はウェブデザインやWebサイト制作における高度な技術力と知識を有するプロフェッショナルな証となる資格のようですね。

HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語、それにデザインの基礎やWebマーケティングなど多岐にわたる知識を持っている証。

Webサイトのアクセシビリティやセキュリティなどにも精通していてなんだか凄そう。

ウェブデザイン技能士の資格はWeb制作業界で高い評価を受け、実務での活躍の場が広がっているみたいです。

webデザイン技能検定は意味ない?難易度やメリットは?

ウェブデザイン技能検定には意味がない?なんだかそういうサジェストも出ていましたが。

とはいえ、実際にはウェブデザイン技能士の資格取得には多くのメリットがありそうです。

そもそもこのウェブデザイン技能検定という資格の難易度は高く、特に3級は初心者にとっても一定のレベルが求められるみたいです。

私も国家資格以外にもいくつかの検定資格とかいろいろと持っていますが、大抵、検定資格などでは3級とかだと簡単に取れたりするものですが、このウェブデザイン技能検定という資格はそう簡単にはいかないみたいです。

さすがは国家資格として認定されているだけあり、取得することで自身のスキルアップにもつながりますし色々と凄そうですね。

気になるウェブデザイン技能検定の難易度ですが、合格率は約60%程度です。

あれ!?合格率約60%もあるの!?と思いましたが、やはりそこはウェブ系の資格なので、全くパソコンに携わったりすることがない業種の人だと相当難易度は高いといえます。

ちなみにウェブデザイン技能検定の勉強方法ですが、専門の教材や講座を利用する方法や、過去問題集を解いて実践的なスキルを身に付ける方法などがあるようです。

以下の記事もおすすめです。

アクセシビリティに特化したウェブサイトのギャラリーで学ぶ!AAA11Y Accessible Website Gallery

Web制作のプロフェッショナルに! ウェブデザイン技能士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました