スポンサーリンク

小型核融合炉 関連銘柄※核融合発電関連銘柄と市場動向

130 Views

核融合発電に注目が高まる中、関連銘柄とその市場動向が焦点となっています。これからの株式市場での展望を探りつつ、主要銘柄や研究開発競争について解説します。

核融合発電に関心が高まる中、株式市場での関連銘柄が注目を集めています。INPEX(1605)、電源開発(9513)、三井物産(8031)、三菱商事(8058)、日揮(1963)、関西電力(9503)などが主要な核融合発電関連銘柄として挙げられます。これらの企業は、高強度レーザーを使用した慣性核融合の実証を目指し、高強度レーザーの開発に取り組んでいます。

さらに、将来的には核融合市場への参入が期待される企業も存在します。核融合市場研究会に参画したトーエネック(1946)、東洋炭素(5310)、イビデン(4062)、日本酸素ホールディングス(4091)、東光高岳(6617)、日本碍子(5333)、日立製作所(6501)、富士電機(6504)、愛知電機(6623)、三菱重工業(7011)、中部電力(9502)、関西電力(9503)、四国電力(9507)などの企業が挙げられます。また、現在は研究会に参加していないが、古河電機工業(5801)、フジクラ(5803)、住友商事(8053)なども核融合炉開発企業への部材納入や出資で実績を積んでいます。

核融合発電は、軽い原子核同士の融合反応によるエネルギー利用を指します。これにより、希少な放射性物質を使用する必要がなく、水素やヘリウムなどの豊富に存在する物質を利用できるため、資源の持続的な利用が可能です。核融合は、原発と同じく原子力を利用しますが、核分裂とは異なり、軽い原子核同士を融合させることでエネルギーを生み出します。そのため、比較的安全な発電方法とされています。

核融合発電の実現には、技術的なハードルがありますが、成功すれば非常に大きなメリットがあります。このため、世界的な研究開発競争が激化しており、日本も政府の支援を受けて積極的に取り組んでいます。近年、核融合発電に関する報道が増加し、株式市場でもその関心が高まっています。

核融合は、太陽や恒星のエネルギー源である反応を地球上で再現する技術です。その利点として、豊富な燃料供給、温室効果ガスの排出のない環境面、核分裂性物質の必要性がないことが挙げられます。

日本政府は、核融合発電を支援するため、有識者会議を設置し、研究開発や産業育成方針を議論しています。これにより、2050年までに国産実験炉の運転を開始する目標が掲げられています。

核融合発電に対する期待が高まる中、関連銘柄の動向や研究開発競争が市場を賑わせています。持続可能なエネルギー源の実現に向け、技術的なハードルを乗り越える日も近いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました