スポンサーリンク

シンプルで多様な投資ポートフォリオの構築例と考えるべきポイント

38 Views

近年、個人投資家の間で投資信託やETF、個別株への関心が高まっています。資産の多様化と将来の安定を考える上で、適切なポートフォリオの構築が重要とされています。ここでは、月々の投資額と分散投資の観点から、幅広い分野への投資を検討する一例をご紹介します。

スポンサーリンク

投資信託でのスタート

まず、投資信託からスタートすることをおすすめします。月々の8万5000円を以下の4つの投資信託に分配してみることを考えてみましょう。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500): アメリカの株式市場に連動する投資信託。世界最大の経済圏である米国の株式市場に投資することで、成長の可能性を追求します。

eMAXIS Slim全世界株式(オルカン): グローバルな株式市場全体に幅広く投資できる信託。リスク分散を図りつつ、世界経済の成長に参加します。

SBI 新興国: 新興国の経済成長に着目した信託。高いリターンの可能性がありますが、同時にリスクも考慮が必要です。

neo VR/宇宙開発/自動運転/ドローン/ナノテクノロジー: テクノロジー関連の未来有望分野に特化した信託。革新的な企業の成長を狙います。

幅広い市場をカバーするETF投資

次に、月々の10万円を複数のETFに分散投資してみるのも良いアイデアです。以下はいくつかのETFの例です。

VT (Vanguard Total World Stock ETF): グローバルな株式市場全体に分散投資。多様な国々の企業に投資します。

GLDM (SPDR Gold MiniShares Trust): 資産保全としての金に投資するETF。リスクヘッジの一環として考えられます。

QCLN (First Trust NASDAQ Clean Edge Green Energy Index Fund): クリーンエネルギーや環境技術に投資するETF。持続可能な分野への関心が高まっています。

AGG (iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF): アメリカの債券市場への投資を通じて、安定的な収益を狙うETF。

個別株とその他の要検討事項

余剰資金がある場合は、個別株への投資も検討できます。しかし、個別株はリスクが高いため、注意が必要です。適切なリサーチと検討を行った上で投資を進めましょう。

さらに、金の積立も一つの選択肢です。金は不景気時には資産の保護として機能することがありますが、金価格の変動にも注意が必要です。月々の1万円を金に積み立てることも、ポートフォリオの多様化の一環として考えられます。

最終的に、投資は個人のリスク許容度や目標に合わせて柔軟に構築することが重要です。専門家のアドバイスを得つつ、長期的な視点で着実に資産を育てていくことが成功への鍵と言えるでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました